メンテナンス部門下水道施設の維持管理業務

はじめに

下水道施設の維持管理において施設が持つ処理機能を十分に発揮するためには、流入下水の性質を把握しておくとともに、各処理工程、活性汚泥の状態、処理水質等の状態と変化を常に把握しておくことがとても大切です。

私達が生活する中で、し尿や台所排水などさまざまな生活排水が発生します。これを適正に処理してきれいな水にして川に返すことで、水はめぐりめぐってまた私達が利用できる水となります。

自然豊かな魚沼を未来に伝えるために私達は、さまざまな水処理業務に取り組んでいます。

処理施設の運転管理

各家庭から出る生活排水を浄化して川に戻すため、当社は下水道管理有資格者で維持管理業務を行っています。故障・災害時等のトラブルには24時間365日対応します。

当社は、生活排水処理に欠かせない下水道施設、農業集落排水処理施設の維持管理業務を魚沼市からの委託業務として実施しています。処理場まで汚水を流す管路や中継マンホールポンプ所も、下水道の重要な施設です。定期的にマンホールポンプの点検、清掃も行っています。また、管路内の状況を調べるためのカメラ調査も行っています。

水質試験

当社の技術員により、流入水の状況、処理工程ごとの処理状況、そして放流水水質の確認も行っています。日常の簡易試験は基より、毎週1回精密試験を行っています。専門機関による検査も年6回実施しています。


水質試験室にて

中継マンホールポンプ所の維持管理

勾配の悪い地区の汚水を下水処理場まで流すためのマンホールポンプ施設を定期的に点検し、高圧洗浄機などを使用してマンホール内を洗浄します。また、異常発生時には専門作業員が24時間365日対応します。


高圧洗浄車、吸泥車輌によるマンホールポンプ槽内の洗浄作業

・油類・衣服類(下着、靴下等)・薬品・掃除用品、衛生用品(ティッシュペーパー、ウェットティッシュ、生理用品等)これらを流されますと、マンホールポンプや処理場の機械が故障し、家庭からの排水が出来なくなり、汚水があふれることがありますのでご注意下さい。

主な実績(維持管理業務)

特環下水道施設

・大湯浄化センター
・奥只見浄化センター
・銀山平浄化センター

農業集落排水施設

・原処理場
・並柳処理場
・他市内7ケ所


公共下水道中継ポンプ場 1施設
マンホールポンプ所 
下水道・農集合わせて市内163ヶ所

お気軽にお問い合わせください。│魚沼事業所 新潟県魚沼市七日市650-2(電話)025-793-3131│(FAX)025-792-8887お問い合わせメールフォームはこちら
【↑】このページの先頭部分まで戻ります。